レバレッジとは?

1111rr為替投資においてよく見聞きする「レバレッジ」ですが、レバレッジを直訳すると【てこの原理】です。てこを使うと小さな力で大きなものを動かせるわけですが、FX(外国為替証拠金取引)取引においてレバレッジを活用することができます。

FXでは、少額の証拠金をFX会社に預け、その何倍もの外貨を運用できるのですが、国内FX会社であれば最大25倍の外貨を運用できます。仮に、アメリカドル/日本円を1万通貨運用するとしましょう。FX会社に預入れる証拠金が4万円で25倍のレバレッジをかけると、約100万円分のアメリカドルを運用することができる、これがレバレッジの仕組みです。

FX取引においてレバレッジは一つの特色となっていますが、同じ外貨運用投資であるバイナリーオプションでは、レバレッジは採用されていませんあくまでもHighかLowのチケットを購入する形になります。チケット代金が1枚1000円ならば1000円支払う必要があるというわけです。

レバレッジがない代わりではありませんが、バイナリーオプションにはペイアウト率というものがあります。チケット購入代金の何倍の払い戻しを受取ることができるか、これがペイアウト率になります。

例えば、10分後のレートがHighになると予想し、Highのチケットを1枚購入します。購入代金は100円でペイアウト(払戻金)が1000円だとしたら、ペイアウト率は10.0倍となります。ペイアウトが高いほど的中する確率が小さいのは確かですが、ペイアウト率を鑑みながら取引するのがバイナリーオプションの醍醐味の一つとなっています。

FXにはレバレッジ、バイナリーオプションにはペイアウト率。あなたはどちらがお好みでしょうか?

ド素人が100万稼ぐ方法!新着情報

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP