レンジのルール説明と攻略

88バイナリーオプションの取引ルールには、ハイロー型といった比較的容易なものもあれば、難易度が高いものもあります。その一つが、レンジ型バイナリーオプションです。レンジ型はどんな取引なのでしょうか?

レンジ型取引は、判定時刻に一定の範囲にレートが収まっているか否かを予測する取引です。例えば、米ドル/円通貨でレンジ型取引をするとします。今のレートが100円で、○○分後にレートは101~99円以内に収まっているか否かを予測するのです。ただ、難易度が高い分ペイアウト率も高くなっていますので、

一回の取引でがっつり稼ぎたい!と言う方におすすめの取引です。

以前は海外口座でレンジ型を取扱っている業者は限られていたのですが、今は比較的多くの会社でレンジ型バイナリーオプションを取引できます。判定時刻までも概ね10~15分がほとんどですから、言うほど難易度は高くないというのが私の率直な感想です。ちなみに、「24オプション」なんかは利用者の評判が良いですし、私も実際に使ってみて使いやすい口座だと思います。参考までに。

◆攻略法

レンジ型の攻略法を伝授できればと思いますが、攻略法は二つ。一つは、レンジ相場(一定の範囲内でレートが上下する相場のこと)を狙うことです。一定の範囲内でレートが動いている時に取引することで、レンジ内に「収まる」と予測しやすいです。レートがある程度落ち着いている、日本時間の昼間を(午前11時~午後3時くらい)を狙って取引しましょう。

もう一つの攻略法が、経済指標発表時を狙って取引することです。特に、米雇用統計(毎月第一金曜日)の発表時には、米ドル/円などのレートは上下に激しく動きます。その時間帯を狙って取引すれば、レンジ内に「収まらない」と予測しやすいんです。

ド素人が100万稼ぐ方法!新着情報

コメントを残す




Menu

HOME

 TOP