抵抗線の重なりをターゲットに戻り売り 24オプション

昨日はギリシャの債務減免要請の撤回を提案で、ユーロが買い戻されています。
ドル円はまだ日足の21SMAに抑えられていますが、下には75SMAもあるので、どちらに抜けるかということになりそうですね。


今日は15時前頃チャートを開きました。

DAMIANIを見ると、どの通貨も勢いはない状態でしたが、わかりやすそうなドル円のチャートを開いてみました。

1時間足です。

0204c

日足のR1あたりから下へ向かっていました。
雲の上限で一旦反発していたのですが、5分足や15分足の状態を見ると21SMAあたりまで下落してきそうだなと思いました。

左から15分足、5分足、1分足です。

0204b

15分足では陰線の連続で下落してきていましたが、15分足も5分足も中途半端なところで反発を始めていました。
15分足の75SMA、5分足の200SMAと1時間足の21SMAが近しい位置にあったので、ここまでは下げてくると思い、戻りからの下を狙うことにしました。

本日の取引は黄色い矢印でのPUT↓

【根拠】

①5分足、15分足ではまだRSIがダイバージェンスをつけていなかったので、再度下落して15分足の75SMA、5分足の200SMA、1時間足の21SMAまで到達すると思った。

②5分足がフラッグ状なので調整の上昇、21SMAから陰線をつけたところで連続陰線狙い。

②の5分足が陰線で確定した15:00に15:10満期の取引にエントリーしました。

0204a

最初の5分は下落の仕方が緩やかでしたが、次の5分で大きく下がり、取引成功。
43ドル(約5000円)のペイアウトとなりました

その後は一旦反発するも、再度そのラインまで下落し、そこから反発できるか否かという状態になっています。

今回は何もないところから反発している場合は、抵抗線のあるところまで下落する可能性があると考えることができるかどうかがポイントです。

今回のように、いろんな時間足で同じくらいの位置に抵抗線が存在していると、そこがターゲットになりやすいので、よくチャートを見てみましょう。

ブログランキングに参加してみました。 応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ
にほんブログ村

コメントを残す




関連記事

大きな下落後のダイバージェンスで反発をキャッチ 24オプション
ユーロドルの下への勢いに乗るだけで利益獲得 24オプション
要人発言前に利益をゲット、あとは静観 24オプション
相場の勢いに忠実に取引 24オプション
21SMAと下落の足型で押し目拾い成功 24オプション
雇用統計トレードでの逆張り成功 24オプション
24オプション
押し目からの反発への順張りで取引成功 24オプション
調整相場につき1分足でささっと取引 24オプション
逆の狙いだけど、この場合は意外と成功します。24オプション
5本の抵抗線の重なりからの反発狙いで余裕勝ち 24オプション
上ひげのローソク足の動きを読んで勝利 24オプション
ミドルバンドでの反発!24オプション
21SMAでの押し目を掴んで取引成功 24オプション
Pivotでの反発狙いで利益獲得 24オプション

Menu

HOME

 TOP